GMO BtoB 早払いレビュー。実際に利用した方の手数料、審査、対応、買取スピードの口コミ・メリットデメリット

GMO BtoB 早払いとは

GMO BtoB 早払いは、GMOグループの上場企業GMOペイメントゲートウェイ株式会社が提供するファクタリングサービスのことを言います。福GMOペイメントゲートウェイ株式会は、クレジットカード決済サービスの提供を行うGMOインターネットの子会社です。2社間ファクタリングを提供しています。

GMO BtoB 早払いの特徴には「上場企業の提供する2社間ファクタリングの信頼性」「請求書買取のファクタリング手数料の上限が10%と安い」「最短2営業日で審査、最短2営業日で資金化」「最大1億円の買取可能」「リピート率86%以上」「受注時での買取が可能」などがあります。。

GMO BtoB 早払いのメリットとしては、上場企業の信頼性の高い2社間ファクタリングで、請求書買取のファクタリング手数料上限が10.0%、注文書買取のファクタリング手数料上限が12.0%と手数料の安いファクタリングとしても定評があります。また、受注時の注文書での買取が可能ですので、資金繰りは最大6カ月も改善できるメリットがあります。

一方、GMO BtoB 早払いのデメリットは、上場企業、ファクタリング手数料が安いことの裏返しで、審査自体のハードルは高めに設定されています。また、即日の買取には対応していません。

安心できる上場企業のファクタリングサービスを利用したい方、受注タイミングで買取を依頼したい方、ファクタリング手数料の安いファクタリングを探している方におすすめできるファクタリング業者となっています。

メリット
  • 上場企業の提供する2社間ファクタリングの信頼性
  • 請求書買取のファクタリング手数料の上限が10%と安い
  • 最短2営業日で審査、最短2営業日で資金化
  • 最大1億円の買取可能
  • リピート率86%以上
  • 受注時での買取が可能
デメリット
  • 審査のハードルが高い
  • 即日の買取には対応していない
ファクタリングレビュー評価
信頼性の高さ
(5.0)
手数料の安さ
(5.0)
利便性・融通
(4.5)
融資スピードの早さ
(3.0)
審査ハードルの低さ
(2.0)
総合評価
(4.0)

GMO BtoB 早払い手数料・掛け目

  • 2社間ファクタリング:○
  • 2社間ファクタリング手数料下限:1.0%
  • 2社間ファクタリング手数料上限:10.0%
  • 2社間ファクタリング留保金割合:-
  • 2社間ファクタリング掛け目最大:-
  • 3社間ファクタリング:-
  • 3社間ファクタリング手数料下限:-
  • 3社間ファクタリング手数料上限:-
  • 3社間ファクタリング留保金割合:-
  • 3社間ファクタリング掛け目最大:-

GMO BtoB 早払い商品概要

  • ファクタリング事務手数料:-
  • 資金化までのスピード:最短2営業日で審査結果回答 最短2営業日で入金
  • 最低取扱額:100万円
  • 最高取扱額:10,000万円

GMO BtoB 早払い審査

  • 債権譲渡登記:原則不要
  • 面談審査:不要
  • 審査可能な状況:銀行から融資を受けられない
  • 審査できない状況:遅延 紛争債権
  • 対象の売掛債権:支払いサイト3カ月以内の売掛債権

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。