新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングレビュー。実際に利用した方の手数料、審査、対応、買取スピードの口コミ・メリットデメリット

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングとは

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングは、新生銀行がクラウドファンディングのOLTAと提携して提供するファクタリングサービスのことを言います。2社間ファクタリングを提供しています。

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングの特徴には「銀行の提供する2社間ファクタリングの信頼性」「全国対応」「ファクタリング手数料の上限が9%と安い」「最短即日の見積もり結果提示」「完全オンライン対応」「契約後、最短即日買取金額をお振込」「AI審査対応」などがあります。

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングのメリットとしては、銀行が提供する信頼性の高い2社間ファクタリングで、ファクタリング手数料上限が9.0%、業界1位、2位を争う手数料の安さが売りのファクタリングとしても定評があります。

一方、新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングのデメリットは、銀行が提供するファクタリングサービスですので、審査のハードルは高めに設定されています。また、オンラインで記入する情報量の多さも、手間が大きく、ネガティブな評価が多くなっています。

安心できる上場企業のファクタリングサービスを利用したい方、ファクタリング手数料の安いファクタリングを探している方におすすめできるファクタリング業者となっています。

メリット
  • 銀行の提供する2社間ファクタリングの信頼性
  • 全国対応
  • ファクタリング手数料の上限が9%と安い
  • 最短即日の見積もり結果提示
  • 完全オンライン対応
  • 契約後、最短即日買取金額をお振込
  • AI審査対応
デメリット
  • 審査のハードルが高い
  • 即日の買取には対応していない
ファクタリングレビュー評価
信頼性の高さ
(4.0)
手数料の安さ
(4.0)
利便性・融通
(5.0)
融資スピードの早さ
(4.5)
審査ハードルの低さ
(2.5)
総合評価
(4.0)

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング手数料・掛け目

  • 2社間ファクタリング:○
  • 2社間ファクタリング手数料下限:2.0%
  • 2社間ファクタリング手数料上限:9.0%
  • 2社間ファクタリング留保金割合:-
  • 2社間ファクタリング掛け目最大:-
  • 3社間ファクタリング:-
  • 3社間ファクタリング手数料下限:-
  • 3社間ファクタリング手数料上限:-
  • 3社間ファクタリング留保金割合:-
  • 3社間ファクタリング掛け目最大:-

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング商品概要

  • ファクタリング事務手数料:無料
  • 資金化までのスピード:最短即日
  • 最低取扱額:-
  • 最高取扱額:-

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング審査

  • 債権譲渡登記:不要
  • 面談審査:不要
  • 審査可能な状況:赤字決算 債務超過 銀行融資の返済を滞納 税金の滞納
  • 審査できない状況:-
  • 対象の売掛債権:法人または官公庁向けの売掛債権 (個人事業主や個人向けの債権は対象外) 入金日と金額が確定している「確定債権」 (過去の入金日は対象外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。