マネーフォワード アーリーペイメント(ファクタリング)レビュー。実際に利用した方の手数料、審査、対応、買取スピードの口コミ・メリットデメリット

マネーフォワード アーリーペイメント(ファクタリング)とは

マネーフォワード アーリーペイメント(ファクタリング)は、個人向け・法人向けに金融系のウェブサービスを提供している上場企業であるマネーフォワードの100%子会社であるマネーフォワードケッサイ株式会社が提供するファクタリングサービスのことを言います。2社間ファクタリングを提供しています。

マネーフォワード アーリーペイメント(ファクタリング)の特徴には「上場企業グループの提供する2社間ファクタリングの信頼性」「全国対応」「最短2営業日での買取」「請求書買取のファクタリング手数料の上限が10%と安い」「50万円~数億円の買取が可能」などがあります。

マネーフォワード アーリーペイメント(ファクタリング)のメリットとしては、上場企業の信頼性の高い2社間ファクタリングで、請求書買取のファクタリング手数料上限が10.0%、と業界トップクラスの安さである点です。

一方、マネーフォワード アーリーペイメント(ファクタリング)のデメリットは、上場企業、ファクタリング手数料が安いことの裏返しで、審査自体のハードルは高めに設定されています。必要書類も、決算書一式(2期分)、証憑書類、直近の試算表、入出金明細 (直近6か月分)の提出が必須です。また、即日の買取には対応していません。

安心できる上場企業のファクタリングサービスを利用したい方、ファクタリング手数料の安いファクタリングを探している方におすすめできるファクタリング業者となっています。

メリット
  • 上場企業グループの提供する2社間ファクタリングの信頼性
  • 全国対応
  • 最短2営業日での買取
  • 請求書買取のファクタリング手数料の上限が10%と安い
  • 50万円~数億円の買取が可能
デメリット
  • 審査のハードルが高い
  • 即日の買取には対応していない
  • 法人のみしか利用できない
ファクタリングレビュー評価
信頼性の高さ
(5.0)
手数料の安さ
(4.5)
利便性・融通
(3.0)
融資スピードの早さ
(3.0)
審査ハードルの低さ
(2.0)
総合評価
(3.5)

マネーフォワード アーリーペイメント(ファクタリング)手数料・掛け目

  • 2社間ファクタリング:○
  • 2社間ファクタリング手数料下限:1.0%
  • 2社間ファクタリング手数料上限:10.0%
  • 2社間ファクタリング留保金割合:-
  • 2社間ファクタリング掛け目最大:-
  • 3社間ファクタリング:-
  • 3社間ファクタリング手数料下限:-
  • 3社間ファクタリング手数料上限:-
  • 3社間ファクタリング留保金割合:-
  • 3社間ファクタリング掛け目最大:-

マネーフォワード アーリーペイメント(ファクタリング)商品概要

  • ファクタリング事務手数料:無料
  • 資金化までのスピード:最短5営業日(2回目以降2営業日)
  • 最低取扱額:100万円
  • 最高取扱額:数億円

マネーフォワード アーリーペイメント(ファクタリング)審査

  • 債権譲渡登記:原則不要
  • 面談審査:原則必要
  • 審査可能な状況:銀行に断られている 赤字決算
  • 審査できない状況:-
  • 対象の売掛債権:原則、全ての売掛債権

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。